オペラ座の怪人(映画ね)

a0018572_21113213.jpg
見たい見たいとおもってなかなかみれなかったオペラ座の怪人をやっとみることができました。とにかく、「豪華」のひとことにつきます。ブロードウェイとロンドンとメリーランド&ハワイ(USツアーのとき)でみて、CDまでもってたので、さすがに内容も音楽もいやというほど知っていたけど、本当に豪華でした。怪人役のジェラルドバトラーが、これまでミュージカルしたことないと言っていたわりには、かなりうまく歌って演技もよかったのが印象的でした。あと、周りをかためてるフェルマンとかアンドレもコミカルでおもしろかったです。元々舞台のミュージカルだけど、映画だからできる豪華絢爛さが加わって、個人的にはかなり感動してしまいました。

ただ、問題はクリスティーヌで。。。どうしてあんな歌い方するかなあと思ってしまいました。きっとサラブライトマン(CDになってる)を聞き込みすぎたこともあると思うけど、なんかいまいちで。見た目もかわいいんだけど、え、これで主役?みたいなところがありました。音大にいけばもっといい人いたと思います。演技もなんだか通り一遍で。普段なら思いっきりクリスティーヌに感情移入するところが、なぜか今回は怪人に感情移入してました。最後とかすごく泣いてしまいました。

あ、そういえばラウルの存在感がめちゃくちゃ薄かったです。ブロードウェイでみたときは、ラウルの存在がかなり大きくて、むしろ怪人がくすんでしまったくらいだけど。。。ま、オフィシャルサイトとかみても怪人とクリスティーヌにスポットがあたってるから、ラウルは脇役でよかったのかな。

なんとなく物足りないとこもあったけど(これまでの一番のお気に入りは、メリーランドでみた、怪人とクリスティーヌが本当のカップルのキャスティング)、かなり感動的でした。ま、9歳から好きだったミュージカルだから意味もないけどね。ともかく絶対に映画館でみることをおすすめします。時々舞台と錯覚しちゃうくらいでした。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-01-10 21:13 | これまで見た映画リスト  

<< Before Sunrise/... 冬休み最後のわるあがき? >>