アメリカの自動車免許はいかがですか(その2)

というわけでいってきました。
はりきってちゃんとお化粧して(写真とられるから)。
遠い遠いところまで頑張っていきました。
いって、鞄の検査がおわったところで微笑んでたっている黒人のおじちゃんがいました。
おじちゃん「何しにきたの?」
私「えーっと、免許のテスト受けたいんですけど。」
おじちゃん(とっても大きなスマイル)「月曜日はやってないんだよー。」
私「でもHPみたら月曜日の時間かいてあった。」
おじちゃん「うん、開いてるけどそういうのしてないんだよー。」
私「。。。」
ーーー
と、まあがっかりしたわけですが、そこにいきつくまで面白いことがありました。
アパートの前のバス停でバスを待ちながら、
(二通りの行き方があるから)どのバスにのろうかときょろきょろして、
ついでにタクシーという選択肢も考えていたから、
よけいにきょろきょろうろうろしてたところを、
「タクシーをとめるときは、手をあげればすぐ止まるよ。」
とわざわざ親切に教えてくれた人がいました。
「い、いやそれは分かってるんですけど、どれが一番はやくつくかと思って。」
と話し始めたところ、行き先をみて、
色々バスの運転手に聞いて早い行き方を教えてくれました。
で、「お手数おかけいたしまして。」といってると、
試験場はそんな安全なとこじゃないし、
自分も仕事が始まるまで暇だしついてきてくれるとのこと。
(フレンチビストロで働いてるらしい)
で、帰るときの地下鉄の駅もちゃんと教えてくれて、
ついてきてくれて、んじゃ、って去っていってしまった。
そういえば「お仕事どこでされてるんですか?」「遅れません?」
実はCloserででてきたことがあるような質問ばっかりきいていたような。
お兄さんは東京で仕事してるそうな。
フランス育ちだそうで久しぶりにフランス語で話せて楽しかった。
(頭の中パニックだったけど。)
別に連絡先をきかれたわけでも、きいたわけでもないけど、
その人の親切心がなんだかうれしかったなあ。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-05-24 12:15 | 今日もばら色(・・・かも)  

<< ワシントンDCでのアパート探し... アメリカの自動車免許はいかがで... >>