ワシントンDCでのアパート探し第二弾 (その1:ショック)

アパートの契約更新の時期が近づくにつれ、
本当にもう1年すぎちゃったんだなあという実感がわきます。
そんな感傷的な気持ちに酔いながら、
アパートのドアの下にそっと差し入れられた手紙に手をかけ、一応内容を確認します。
サインでもしてさっさと下のリーシングセンターにもっていこう、お礼もいわなきゃね
・・・
・・・・
ね、値上がりしてる。しかも250ドルも!
リーシングセンターの人に安い部屋ないの?ときいても、
もう予約済みだとのこと。
というわけで引っ越し決定です。

来たばっかりのときのアパート探しの疲労感を想いだします。
まあ、頑張って探しましょう。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-05-25 06:51 | アメリカでの住まい探し  

<< ワシントンDCでのアパート探し... アメリカの自動車免許はいかがで... >>