ワシントンDCでのアパート探し第二弾 (その2:めぼしいものをみつけよう)

a0018572_7252887.jpg
一度アパート探しをしていたので、今回はさほど苦労せずみつけることができました。
アパートを探すのにつかったサイトは
以前紹介したサイト以外にもいくつか使えるサイトがあります。
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
Craigslist
なぜかDCで家を探すといったらみんなここを使っているほど、人気のあるサイトです。どっちかというと個人でもっている部屋を貸しますという形のほうが多いかもしれないです。
*長所:個人から個人なので、デポジットがなかったり、手続きが簡単だったりします。家具付きのものも、ここなら手頃な値段でみつかります。
*短所:個人から個人になるので持ち主がどんな人か実際に会ってみないと分からないこと。あと、個人契約なのでトラブルがあったときどうなるか分からないです。
*Tips:とりあえず、連絡して会う時間をきめて、さっさと見に行く。やっぱりいいものはなくなるのも早いです。

Apartment.com
簡単にいえばアパートのリスト。間取り、値段などもここでチェックできます。
*長所:いちいち見に行かなくても間取りや、設備、おおよその値段などが分かります。バーチャルツアーがあるものも。予約をとらずに物件を見に行くこともできます。
*短所:ここにのっているからといって、そこが空いているというわけではないです。2ヶ月待ちのものだったり、(希望の部屋がもうなくなっていて)それよりちょっと高めの部屋なら空いているといわれることもあります。
*Tips:だいたいアパートにはリーシングセンター(賃貸のオフィス)が入っているから、電話して希望入居日と予算をいうと、それに見合った部屋があるかないかすぐ教えてくれます。部屋があるなら即日見に行く、ないならさっさと次の物件にあたる。

ここと同じようなサイトは下記の通り。
Rent.com
ここで希望の物件を見つけると、なぜか100ドルもらえます。最初のアパートも次のアパートもここでみつけました。同じ物件がほかのサイトにものっているけど、もしここにものっていたら、絶対ここで見つけたといったほうがお得(笑)。

Apartmentshowcase
使ったことはないけれど、基本的に同じようなアパートのリストです。これはたしかフリーペーパーにもなっていると思います。

これ以外では、各大学の紹介しているオフキャンパスのシェアハウスとかアパートが使えます。

ここで紹介したサイトで希望の物件を10件くらいみつけました。あとは見に行くだけ!
[PR]

by bluebirdweather | 2005-05-25 07:27 | アメリカでの住まい探し  

<< ワシントンDCでのアパート探し... ワシントンDCでのアパート探し... >>