アメリカ産ファストフード的花火

a0018572_7164146.jpg

独立記念日だったので花火をみることができました。そういえば去年のもみたので、なんだか時間がたつのは早いなあと、思いつつぼけーっと花火をみていたのですが、アメリカ産花火はおもむきがない!まったくもうAffective filterがあがっちゃうんじゃないか、と思うほどうつわ、うつわ・・・まさにinput flood(enhancemnetを通り越してる)です。色は、赤、白、青とアメリカンなのですが、何気にこれフランスにもなるよねえと思ってしまいました。

日本の花火って花火と花火の間に感覚があって、観客にまだかまだかと思わせると思うのですが、今回の花火はつづけてじゃんじゃん打っておしまい・・・。しかもアメリカの色のついたクリームケーキを彷彿とさせるような、なんでもとりあえずまぜちゃいまいした、というかんじの花火で。

きわめつけは、打ち忘れがあったのか、人が帰りだしてしばらくたったころに、2発花火が・・・

儚い、美しいけどちょっと寂しい雰囲気をうける花火なのですが、今回の花火をみて、頭に浮かんだ言葉は、ファストフード、生クリームのケーキ、いちご(赤と緑の花火があったので)、圧迫感(あまりにも続けてばんばんうたれたので)、でした(笑)。でも、いくつか日本でもみたことがあるような花火があって、きれいなものもありました。

先日から笹かれいとか、鮎の塩焼きとか、冷や麦が食べたくて仕方ありません。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-07-06 07:26 | 今日もばら色(・・・かも)  

<< 理想の人 理想と現実 >>