ワシントンDCでも日本のお茶を楽しもう

a0018572_1172131.jpg裾上げしてもらったパンツをとりに行くついでに、パソコンを抱えて近くのTeaismまでいってきた。自転車にのるとさすが氷点下(マイナス2度)ということもあって、体がきゅっと縮まるような寒さだった。でも、陽のあたる道にでるとやわらかい陽射しが心地いい。冬の露天風呂の感覚と似てなくもない。Teaismというのは、コーヒーが中心のカフェとは違い、DCにいながらでも日本や中国系のお茶を楽しめるところ。お茶漬けがあったり、簡単なお弁当(写真右)も楽しめる。お客さんも、仏語を教えているフランス人だったり、読書中のスペイン系だったり、(実は昨日スタバで隣に座っていた!)インドからの留学生だったり、子供をつれたお母さんだったり、様々で面白い。a0018572_11155168.jpg残念ながら席の数はさほど多くない。でもその分、人が少ないときは、二階にある日当りの良い小さな部屋が隠れ家みたいな雰囲気を醸し出している。お昼時は少し混んでくるけど、平日の午後に本を読んだり、ペーパーを書いたりするのに、これからもお世話になりそうだ。もちろん日本より割高にはなってしまうけど、急須やお茶の缶や、小さなお湯飲みも売っている。丁度日本を離れたとき、おにぎりカフェが東京で充実しだしたときだったので、なんだかなつかしく思った。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-11-26 11:30 | 今日もばら色(・・・かも)  

<< ほくほくふかし芋 ハロウィンじゃなくて感謝祭のに... >>