恐怖の瞬間

すごく久しぶりに怖い夢をみました。
アパートに母と私で住んでいるところに、殺人鬼がくる話です!
一回目は、ドアの鍵が壊され、ドアが開きます。
そして、窓の下を見ると、ブルーのパーカーをきた男性が逃げていました。
したに降りて、棒をもって、待ち伏せしていると、またその男性がやってきます。
あらわれたところを思いっきりたたいていると、棒が折れてしまいました。
すると、近くに住む主婦(?)が、どうぞ!といって、どんぶり鉢を渡してくれました。
相手がひるんでいるときにたたかないとだめなので、大変です。
そして、シーンは部屋の中にうつります。
今回は親戚か親友らしい人も一緒にいます。
(見たことのない人です。)
お母さんは、とりあえず実家に帰したのでいませんでした。
殺人鬼らしい人は、からかうように閉めたドアの鍵をあけては、ドアを少し開き、
ナイフを持ってこっちをじっとみています。
慌てて閉めに行こうとすると、逆に家の中に入られました。
そして、手元にあった定規の側面で、相手の首を思いっきりうちつけます。
でも、すぐに回復してしまう・・・
そんなときパトカーの音がして、相手を取り押さえようとしたけど、
また逃げられてしまいました。
とうとう、ここが危険だからその友達か、親戚のところにお世話になることになります。
で、車に乗せてもらって、引っ越そうとしていると、
またその殺人鬼っぽい人が、ナイフを持って物陰からこっちをじっとみていました。

怖いでしょー?
ほんとに怖かったです!!
さわやかな朝どころか、すごくげんなりしてました。
[PR]

by bluebirdweather | 2004-05-19 09:19 | 今日もばら色(・・・かも)  

<< 友達と時間 フライパンでできるパエリア >>