ノスタルジックなワールドカップ

a0018572_1481067.jpg

朝何気なくAsashi.comをみてると、あと10分でワールドカップの日本戦が始まることがわかって、あわててテレビの前にすわりなおした。アメリカにきて二度目のESPNを見る。一階目は野球のワールドカップのとき、そして今回のサッカーのワールドカップ。

日韓共同開催のワールドカップのときは、大学生だった。これが初めてちゃんとみたサッカーの試合かも。大学の授業もそこそこに友達の家で買い込んだ大量のおかしをテーブルにならべて応援したり、スポーツバーへ初めて行って(もう日本は負けてたから)別の国を応援したり。色々な国の人が渋谷で入り交じって、日本戦のある日はとってもみんな興奮気味で、電車の中でも「どっちが勝ってる?」と国籍問わず聞かれ、「もちろん日本!」と答えた記憶もある。

実は昨日、その一緒に応援してた友達がなんと入籍したというニュースが届いた。幸せいっぱいのメールで思わず泣きそうになった。大学時代、一番最初に知り合って(大学の試験会場で席が隣だった)すぐに意気投合して、一番一緒に過ごした大親友だけに、ほんとに嬉しいけどどこか切ないような。いつもどこかでつながってるような気がして、一年前に会ったときにも一年会ってないなんて全然感じずに相変わらず夜遅くまでおしゃべりしてたけど、やっぱり時間は経っていくんだなあっていうことを実感した。二人のことは大学時代から知っているし、一緒にでかけたりもした。楽しい家庭を築いてるが目に浮かぶ。ほんとにほんとにほんとにおめでとう!

きっと選手の人も前回のワールドカップや、これまでの自分の経緯とか色々な思いを持って臨んだ試合だったのじゃないかな、と思う。前回は出場したくてもできなかった悔しさや、表にこそでてこないけど、ひとりひとりの数年館の間に色々なドラマがあって。

今年のワールドカップの第一戦、なんだか色んな思い出がでてきてちょっとノスタルジックになってしまった。あんな広いところで90分も右や左に走り続けてるからか、後半ちょっとお疲れ気味だったけど、今日はゆっくり休んで疲れをとって、次の試合に向けてチャージしてください。

(写真は水たまりにうつった雨上がりの青空。)
[PR]

by bluebirdweather | 2006-06-13 14:11 | 今日もばら色(・・・かも)  

<< ショパンでぼーっとすごす 嫌いだけどハダニってスピーシー... >>