氷の世界

ニューヨーク4日目後半を書く予定だったのですが・・・あまりにも不思議な世界をみたので。
a0018572_14523826.jpg

朝おきてアパートの木をみたら、なぜか光っている。よーくみてみると木の枝という枝がすべて氷できちんと覆われていて、かすかにさす光が氷を照らしていました。見渡すと、隣の木も、向かいの木も均一にきれいに氷に覆われている。全てのものが均一に氷で覆われるなんてとっても不思議なかんじがしました。

a0018572_14542729.jpg

そんな不思議な世界にわくわくしていたのですが、見事私の車もきれいに氷で覆われていました。ワイパーで氷をのけることもできず・・・車にのりこみ窓をあけてみると氷が二重窓をつくってくれていたり。この日初めて「アイススクレイパー」という氷をけずる道具と、氷を溶かす魔法のスプレーがあるということを知りました。写真は氷づけにされて開かなくなった助手席。

a0018572_14545215.jpg

夜行ったロンドン交響楽団のコンサートの後にみかけた大学内の木。氷のところにライトがあたって、ほんとにガラスの木みたいでした。
[PR]

by bluebirdweather | 2006-12-02 14:57 | 今日もばら色(・・・かも)  

<< 3つの異なった世界 ニューヨーク4日目(前半) >>