ラストタンゴ イン パリ

以前から見よう、見よう、と思っていた作品だったのですが、やっと先々週みることができました。この映画の映画音楽が元々好きだったのに、実際に見るまで少し時間がかかってしまった作品。

パリで20才の女の子と中年の男性がアパート探しをしている時に出会います。女の子は恋人はいるけど、あまりうまくいっていない。男性は妻が自殺し、彼女の家族、浮気相手に囲まれ現実から逃避したくなっている。そして二人は恋愛感情もなく、お互いのことは何も知らないでいい、という条件の下で関係を持つようになります。お互い外の世界はそのままに、そんな関係がしばらく続くのですが、静かに恋愛感情が二人の間にはいり、でもその気持ちはすれ違い・・・(続く)。

パリを背景に見ている人の気持ちをどんどん掻きだしていくような音楽と、マーロンブランドの演技が素晴らしいです。そろそろここら辺がラストかあ、と思っていたところで、予想外の結末に流れて行くところは本当に目が離せませんでした。でも、「そこまでしなくても・・・」という気持ちが見ている間ちらほら出てきて、更に見てられないシーンがあったのもたしか。まだまだこの映画の良さが分かるには子供なのかも。
[PR]

by bluebirdweather | 2007-02-26 15:00 | これまで見た映画リスト  

<< フィレンツェ1日目&2日目 mujadara(になるはずだ... >>