日本語の数詞を分かってそうな猫

a0018572_1415462.jpg

すっかり我が家になじんでる猫がもし日本語学習者だったら、一本、二本、三本とかの「本」の概念は問題なく理解できると思います。

おもちゃのねずみよりも、何よりも、棒状のものにとっても激しく反応する猫さん。勉強机の横においてある本棚の下からは、無惨な噛み後のついた緑色の色鉛筆、蛍光ペン数本(最近ないなあ、と思ってた)がでてきました。「棒状のもの!」と反応して口にくわえてうろうろして、私のいる足もとでうろうろしてる間にいつもおとしてどっかやっちゃうみたいです。そして、本棚の下に手をのばして何回かかきまわして「あ、とれへん。」っていう顔をします。靴の型くずれ防止のための棒とか、もうどうかしたのかと思うくらいに反応します。

まあ、ペンとか型くずれ防止の棒とかはいいのですが、どうもお弁当用のお箸の片方がみつかりません。洗って、食器を乾かすところにおいておいたのだけど・・・特に使ってないなら返してほしいんだけどなあ。お弁当もっていけへんよ。
[PR]

by bluebirdweather | 2007-03-18 14:18 | 今日もばら色(・・・かも)  

<< 春:雨:春の音楽(1)Wate... お誕生日に部屋でまっていてくれ... >>