自己流セージ色のカーテン

a0018572_104044100.jpg雑誌業界が不況なのはここでも同じで、数カ月前に廃刊になってしまったdominoというインテリア雑誌があります。その雑誌のアイディア集大成が本になっていたのでみてみると、模様替え絶対したくなるくらい、お手軽で具体的で現実的なアイディアがたくさん!

その中でも特に気に入るお部屋がありました。少しでもそのお部屋に近づけたかったから、一目で「あ、IKEA!」って分かってしまっていた家具の一部を売って、アンティークっぽいのを追加して。でも、本で使われてたようなコーヒーテーブルのちょっとくすんだ金色のふちを引き出してくれるようなカーテンがない。ネットでも大部検索したし、お店も色々見てみたけど、やっぱりない。

そんなときに手芸やさんで、とってもきれいなセージ色のシルクの布が半額になっているのを見つけたので、買ってきました。あとは、我流でカーテンにするのみ。上はカーテンレールにあわせたフックにしようと思ったら布が薄くててろんとしてなんだかだらーんと悲しそうにみえたり、生地がとても薄いからミシンをかけたら縫い目が波打ってしまったり。薄い生地のときは、stabilizerというものを使うと良いそう。たしかにちょっとうねうねがましになった。生地が軽すぎるのでふわふわしがちだけど、ふわふわを防ぐには、裾におもりの金属をまきこんだ糸をいれるんだって。試行錯誤で、やっと一枚完成。なんだか奥が深い!

前から照明があったたり、太陽の光が差し込むとゴールド系の織糸がきらきら輝いて、後ろから差し込むとちょっとシアーなかんじになってまた奇麗。まだあと5枚あるけど、できあがりが楽しみ。ミシンって高校のとき作らなくちゃだめだった絶対外で着れそうにないワンピース以来。こんなとこで役立つなんて思ってなかった。
[PR]

by bluebirdweather | 2009-07-21 10:42 | 今日もばら色(・・・かも)  

<< お引っ越し 椅子自己アレンジ >>