カテゴリ:アメリカでの住まい探し( 8 )

 

新居生活、理想と現実

サマースクールに学会が終わって、やっと新居生活もおちつきはじめました。新しい部屋には近くにある公園の噴水が少し見えるバルコニーがついてたり、朝はコンチネンタルブレックファスト(響きはいいけど、要するにパン類)がついていたり、とってもとっても居心地がいいところです。

ともかく、そのバルコニーにぴったりな木製のデッキチェア(足ものばせる!)があったので、もちだして座って論文を読んでいました。日も沈み、風もきもちよく、お気に入りのFrench Kissというラウンジミュージックをかけ、ペリエを片手にペーパーを読みつつ、「ここでディナーなんてロマンチックでいいなあ。」なんて思ってみたりして過ごし、いい気分で部屋に戻ると・・・ふくらはぎと土踏まずがかゆい!隙を見せた私も悪いけど、いつのまにか蚊の餌食になってしまいました。理想通りに物事は進まないものだと実感させられた一瞬でした。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-08-05 07:36 | アメリカでの住まい探し  

ドウシテアタクシガ・・・

a0018572_1353896.jpg

アパートをでるにあたって、「ドウシテアタクシガ・・・」というようなことが増えている。ことの発端はアパートからもらった「お引っ越し前の掃除マニュアル」。適当に掃除機をかけて、軽くぞうきんがけでもすればいいか、と思っていたところ、このマニュアルを渡された。

窓をふけ、網戸は洗え、でないと10ドルもらう。床は掃除機をかけ、ワックスもかけろ、さもなくば20ドル。などこと細かに値段までつけて表にしてある。がめついというか、いやらしいというか、なんだか金額まで書いてあるととてもいやな気分になる。

仕方なく近くのお店でモップ、床用洗剤、ワックス、ゴム手袋などを購入する。それから数日間掃除と荷造り、(あとペンキ塗り)の生活が続いていた。明日からDCを離れるので、引っ越し当日を除いて今日が最後の掃除の日になってしまった。冷蔵庫の引き出しを全部はずし、マニュアル通りに洗う。台所のフローリングにもワックスがけをする。なんだか気分はすっかりお手伝いさんかメイド(しかもお金がもらえない)になってしまった。あんなに高い家賃をはらっていたんだから、これくらいしてほしい、というのが本音だけど、どこかで「どうせおおざっぱなアメリカ人なんだから、とことん自分でやって日本魂をみせつけてやるー!」とも思っていたりする。

とりあえず、あとは引っ越したあとに、フローリングをきれいにするだけでよくなった。ただでさえ高い家賃をとられたのだから、これ以上とられてたまりますか。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-06-26 14:02 | アメリカでの住まい探し  

ワシントンDCでのアパート探し第二弾 (その3:現物をみてみよう!)

あとは現物を見るだけ!
学校にいくような格好よりは少し奇麗目の格好で。
(あまりだらしない格好だったら支払い能力がないとか思われそうな気がしたので。)
建物を見せてもらって、しようと思っていた質問をして、
契約するかどうか決めるだけ。

私は結局3件みて、3件目の建物と恋に落ちました。
1件目:今住んでるところの隣のブロック。値段はお手頃で部屋も広い。1BRで1200ドル。でも、入り口にちゃんと管理の人がいないということと、建物がなんとなく暗いということで却下。

2件目:ファンキーな建物。コンクリートの壁のいわゆる今っぽい建物で、DCの中心のデュポンサークルにも近い。お気に入りのWhole Foodsも目の前だし、隣はスタバという立地条件。でも、高い。奇麗なキッチンはついているけど、しきりも何もない。台所を見ながら寝るのもなあ。かなり小さいstudioで1500ドル、そこに駐車場代200ドル。・・・高い!ジムの何もないのに、この値段はやっぱり高い。あとあまり雰囲気のよくないエリアから1筋手前くらいだったので、(腕力にはあまり自信がないので)一応保留。でも立地条件の良さはぴかいち。

3件目:クラッシーな建物。サイトででていた写真よりもずっと豪華。元々ホテルだった建物を改装したみたい。デュポンにも近いし、なんといってもAdams Morganにも近い。キッチンだけちょっと別の部屋みたいになっていて、リビング(兼寝室)からは見えなくなっている。ちょっと今いるところと雰囲気は似ている。朝はフルーツや、ペイストリー、コーヒーが出て、なんとジムにサウナ、個別のワインセラー(これはいらないけど)もついている。値段も理想通りだしあまりの豪華さに圧倒されながら、ここに決定!
[PR]

by bluebirdweather | 2005-05-25 08:38 | アメリカでの住まい探し  

ワシントンDCでのアパート探し第二弾 (その2:めぼしいものをみつけよう)

a0018572_7252887.jpg
一度アパート探しをしていたので、今回はさほど苦労せずみつけることができました。
アパートを探すのにつかったサイトは
以前紹介したサイト以外にもいくつか使えるサイトがあります。
○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○○
Craigslist
なぜかDCで家を探すといったらみんなここを使っているほど、人気のあるサイトです。どっちかというと個人でもっている部屋を貸しますという形のほうが多いかもしれないです。
*長所:個人から個人なので、デポジットがなかったり、手続きが簡単だったりします。家具付きのものも、ここなら手頃な値段でみつかります。
*短所:個人から個人になるので持ち主がどんな人か実際に会ってみないと分からないこと。あと、個人契約なのでトラブルがあったときどうなるか分からないです。
*Tips:とりあえず、連絡して会う時間をきめて、さっさと見に行く。やっぱりいいものはなくなるのも早いです。

Apartment.com
簡単にいえばアパートのリスト。間取り、値段などもここでチェックできます。
*長所:いちいち見に行かなくても間取りや、設備、おおよその値段などが分かります。バーチャルツアーがあるものも。予約をとらずに物件を見に行くこともできます。
*短所:ここにのっているからといって、そこが空いているというわけではないです。2ヶ月待ちのものだったり、(希望の部屋がもうなくなっていて)それよりちょっと高めの部屋なら空いているといわれることもあります。
*Tips:だいたいアパートにはリーシングセンター(賃貸のオフィス)が入っているから、電話して希望入居日と予算をいうと、それに見合った部屋があるかないかすぐ教えてくれます。部屋があるなら即日見に行く、ないならさっさと次の物件にあたる。

ここと同じようなサイトは下記の通り。
Rent.com
ここで希望の物件を見つけると、なぜか100ドルもらえます。最初のアパートも次のアパートもここでみつけました。同じ物件がほかのサイトにものっているけど、もしここにものっていたら、絶対ここで見つけたといったほうがお得(笑)。

Apartmentshowcase
使ったことはないけれど、基本的に同じようなアパートのリストです。これはたしかフリーペーパーにもなっていると思います。

これ以外では、各大学の紹介しているオフキャンパスのシェアハウスとかアパートが使えます。

ここで紹介したサイトで希望の物件を10件くらいみつけました。あとは見に行くだけ!
[PR]

by bluebirdweather | 2005-05-25 07:27 | アメリカでの住まい探し  

ワシントンDCでのアパート探し第二弾 (その1:ショック)

アパートの契約更新の時期が近づくにつれ、
本当にもう1年すぎちゃったんだなあという実感がわきます。
そんな感傷的な気持ちに酔いながら、
アパートのドアの下にそっと差し入れられた手紙に手をかけ、一応内容を確認します。
サインでもしてさっさと下のリーシングセンターにもっていこう、お礼もいわなきゃね
・・・
・・・・
ね、値上がりしてる。しかも250ドルも!
リーシングセンターの人に安い部屋ないの?ときいても、
もう予約済みだとのこと。
というわけで引っ越し決定です。

来たばっかりのときのアパート探しの疲労感を想いだします。
まあ、頑張って探しましょう。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-05-25 06:51 | アメリカでの住まい探し  

シェアハウスのドアを開けたら・・・

私には勿体ないようなアパートにうつって2日目です。
ここにくるまで、話にはよくきいていたシェアハウスをしてみよう!と思い、
人生初のシェアハウスを体験してみました。

まぁ、常に誰かいるから安心なことは安心です。
もし急病になっても誰かが助けてくれます。
(私はなりませんでしたが。)
しかも、仲良くなればわいわい楽しめそうです。
特に留学生で英語を話せるようになりたいとか思っている人には、
いい練習になるのではないでしょうか。

でも、一人暮らしをしていた私には楽しいけど、
どうも落ち着かないところでした。
ハイテンションな一人のルームメートが叫んでいたり、
(「ひょっとして、怖がらせっちゃったかしら?」と尋ねながらも、
叫んでいました・・・)
電気がついていて、扉が少しあいていたから、ノックしてはいったら、
彼氏と一緒にいたり・・・
(丁度電気がつかなくて、どうしたらいいか聞こうとおもってたもので。下着姿のままでてきてくれて(笑)、しかもその後で彼氏が電球をかえてくれるということになりました。)
決して悪い人なわけじゃないし一緒にいて楽しいけど、
やっぱり気を遣うし、なんか落ち着かないかんじがしました。
丁度宿題らしい宿題もでてなかったころだからよかったんですけどね。
別に勉強とかなければ、シェアハウスは楽しいかもしれません。
でも、やっぱり集中できるところではないきがします。
もちろん個人のバックグラウンドにもよると思います。
[PR]

by bluebirdweather | 2004-06-06 11:11 | アメリカでの住まい探し  

アパート決定

a0018572_12859.jpg
ネットでいろいろアパートをみていて、最初に行ったところで母に
「お願いだから、ここにしてー!」といわれました。
館内を見学するにも身分証明書が必要というセキュリティのしっかりしたアパートです。
しかも、中がとても豪華できれい・・・
歴史のある建物でなんとなくホーンテッドマンションに来た気分でした。
しばらくちょっとリッチな気分ですごさせてもらいます。
これから家具探しです。

日本みたいに敷金礼金がいらないし、
外人さんだからかりれませんとかいわれることもありません。
パスポートと、Depositさえあれば大丈夫です!
簡単な分、かなり部屋はすぐなくなってしまうので、注意したほうがいいかもしれません。
実際私が見ていた部屋で、契約しようかと話し合っている間に、
エージェントにアプリケーションが届いて無理っていわれたこともありました。
[PR]

by bluebirdweather | 2004-05-28 12:10 | アメリカでの住まい探し  

日本から住まいを探すときのサイト

ここでは、アメリカでアパート探しをする際に役に立ったことを書いていく予定です!
といっても、私も現在探しているところなのですが、
日本にいる間に探す方法は、やっぱりインターネットが便利だと思います。

- Craigslist
Craigslistでは、地域ごとに、「借りたい」「貸したい」「シェアしたい」情報がのってるので、便利だと思います!とりあえず、サマースクールの間住むところは、ここでみつけました♪一緒に住む女の子とかとは、メッセンジャーで話したりして、連絡をとってます。

- Roommates.com
Roommates.comでは、部屋をシェアしたいとおもっている人を探すことができます。一部有料です。craigslistと比べたら、部屋の状態が写真つきで、かなり詳しく載っているので、安心といったら安心かも。しかも、希望をかいておけば、「こんなのどう?」っていうメールもきます。でも、そのメールを読むためには、有料サービスにはいらなければ、見れません。大体2000円くらいだったと思います。
[PR]

by bluebirdweather | 2004-05-09 01:49 | アメリカでの住まい探し