<   2005年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

 

すっごく怖くて久しぶりにうなされた夢

最近変な夢をよくみます。
今日みた夢。

京都の五条と烏丸の交差点をてくてくあるいていたら、猛スピードで走っていた車にはねられそうになります。びっくりして、あわてて道にもどると、またこっちにむかってくる。するとそこにパトカー登場。電柱のかげなどに隠れて車にぶつからないようにしてたら、警官たちがあわてて私を署内にかくまってくれる。「あなたが悪くないのは分かってるわ。」といって、夜になって、「今なら大丈夫。」といって帰してくれました。

何がなんだかわからないまま、舞台は一年後の我が家へ。なぜか今日また殺されそうになると分かっていた私は、どうやって布団の中に隠れるかをタイ人の友達(実在する)と考えている。頭だか彼女の頭をだして、私が足下に丸まっているのも不自然。何かどうしても不自然になると悩んでいるところに、お父さんが帰ってきます。

そこで、なぜか「お父さんのお気に入りのトトロの人形(実在せず)に水をこぼして、それで逃げたらいい!」(夢の中ではとても素敵なアイディアでした。)と思います。そこで、まず手始めに、ディズニーのユニコーンのぬいぐるみに水をかけます。「なにしてるの?!」という顔をしてるお父さんに、必死で目で何かを説得します。「。。。分かった。」

さてそこで数秒後、舞台は南フランスにうつります。南フランスのある家でまたまた隠れています。太陽のきらきらするとても奇麗な家で、お母さんと、娘さん(9歳くらい?小さいころのアメリみたい。)と弟(見かけなかったけど、後々呼ばれてたので、いたっぽい。)のお家でかくまってもらっています。

で、その家の女の子と遊んでいる間に、家のベルが。。。そして、女の子が答え、家族を出すように(優しく)言われます。「Maman, il y a qqn la! Tu viens aussi, <>.」(お母さん、誰かきたよ。(弟に)○○、さ、来て.)

(どうやらその時点で、私を知恵おくれの障害児ということにして、みんなそう演技をするっていうことになってたらしいです。なんで。。。?)

でも、その人は上まであがってきます。障害児の演技って。。。と思って、仕方ないのでだまってブランケットに包まって、天井の隅をずっとみていることにしました。そして、とうとうその人が。。。

「大きくなったね。」と笑顔でいわれました。

。。。いったいなんだったんだー!
夢ってほんと矛盾だらけですよねえ。。。
夢分析でもしてみたくなってきた。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-01-23 23:30 | 今日もばら色(・・・かも)  

雪&部屋の模様替え

a0018572_9355826.jpg
あまりにも雪がすごかったのでアパートの写真をとってみました。地元の京都でも雪は降るけど、ここまで降ることってめずらしいと思います。でも日本とちがって、本当に雪がさらさらしてるから、雪だるまとか作りにくそうです。

休みあけから全然勉強に集中できないので、部屋の模様替えをしてみました。ワンベッドルームのお部屋なのですが、リビングにおいてた机とかを全部ベッドルームにもってきました。リビングはあくまでリラックスするところにして。。。これでもうちょっと集中できるといいな。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-01-23 09:41 | 今日もばら色(・・・かも)  

Before Sunrise/Before Sunset

a0018572_0233327.jpg
映画館で特に見たい映画もないし。。。ということで、家の  PayTVにはいっていたこの映画をみました。二本立ての映画で、結構長かったけど。。。

Before Sunrise
ウィーン経由でパリに向かう列車の中、車内の夫婦のけんかがあまりにもやかましくて、セリーヌは思わず席をうつる。隣にすわっていたのは旅行中のジェシーで、列車内のラウンジで話すことにする。そこで意気投合し、話している間に電車はウィーンに到着する。そこで、ジェシーに誘われ、セリーヌは一緒にウィーン観光に行く。たった一日だけのロマンチックな日が始まる。そして翌朝、セリーヌはパリに行かなくてはならないので駅に向かい、そこで6ヶ月後の同じ時間にウィーンで会うことを約束する。

Before Sunrise
あれから10年後のパリ。ジェシーはあの一日のことを題材にした小説を書いて成功し、パリに自分の本のプロモーションをしにきている。本を読んで、セリーヌは本屋で彼を待っている。その日の8時のフライトまで時間があるので、セリーヌと一緒にパリ観光(?)に行くことになる。お互い結婚もし、子供もいるけど、やっぱりどうしてもお互いに惹かれてしまう。。。(続きはおたのしみ。)
++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++++
「ありがちな」話だけど、なんだかたまにはこういうのもいいな、って思うような話でした。デート相手と見るのに最適かも。むしろ一人でいるときにみたら、「ありえないから。。。」って思うようなことも多いけど、映画だからそこはそっとしておいて。

舞台もウィーンとパリなんてロマンチックすぎるほど。しかもほとんど会話だけで話が進んでいくので、私は好きです。二人の会話のなかでお互いのバックグラウンドがうまく説明されてたり、ちょっとしたしぐさで二人の気持ちがわかったり。二作目のエンディングを書かなかったのは、かけなかったから。本当に見てる人が好きなように解釈できるエンディングです。ま、軽い気持ちで気持ちよく見れる映画かな。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-01-17 00:23 | これまで見た映画リスト  

オペラ座の怪人(映画ね)

a0018572_21113213.jpg
見たい見たいとおもってなかなかみれなかったオペラ座の怪人をやっとみることができました。とにかく、「豪華」のひとことにつきます。ブロードウェイとロンドンとメリーランド&ハワイ(USツアーのとき)でみて、CDまでもってたので、さすがに内容も音楽もいやというほど知っていたけど、本当に豪華でした。怪人役のジェラルドバトラーが、これまでミュージカルしたことないと言っていたわりには、かなりうまく歌って演技もよかったのが印象的でした。あと、周りをかためてるフェルマンとかアンドレもコミカルでおもしろかったです。元々舞台のミュージカルだけど、映画だからできる豪華絢爛さが加わって、個人的にはかなり感動してしまいました。

ただ、問題はクリスティーヌで。。。どうしてあんな歌い方するかなあと思ってしまいました。きっとサラブライトマン(CDになってる)を聞き込みすぎたこともあると思うけど、なんかいまいちで。見た目もかわいいんだけど、え、これで主役?みたいなところがありました。音大にいけばもっといい人いたと思います。演技もなんだか通り一遍で。普段なら思いっきりクリスティーヌに感情移入するところが、なぜか今回は怪人に感情移入してました。最後とかすごく泣いてしまいました。

あ、そういえばラウルの存在感がめちゃくちゃ薄かったです。ブロードウェイでみたときは、ラウルの存在がかなり大きくて、むしろ怪人がくすんでしまったくらいだけど。。。ま、オフィシャルサイトとかみても怪人とクリスティーヌにスポットがあたってるから、ラウルは脇役でよかったのかな。

なんとなく物足りないとこもあったけど(これまでの一番のお気に入りは、メリーランドでみた、怪人とクリスティーヌが本当のカップルのキャスティング)、かなり感動的でした。ま、9歳から好きだったミュージカルだから意味もないけどね。ともかく絶対に映画館でみることをおすすめします。時々舞台と錯覚しちゃうくらいでした。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-01-10 21:13 | これまで見た映画リスト  

冬休み最後のわるあがき?

もうすぐ始まる後期に備えて、みんな遊び倒しるみたいです。
みんなのこのきりかえがすごいと思う。。。

とかいいつつ私もきりかえのできる人に混じってダンスにいってきました。
FIVEっていうダンスクラブで、ユーロテクノ(っていうらしい)がかかってて、
なかなかいい雰囲気でした。
ちょっと東京のLe Fabriqueでかかってるのと似てるかんじ。
ダンスなんて恥ずかしいーっておもってたわりに、
途中から壊れたのか、かなり楽しめました。
人生の中で3回目にのダンスでした。
まあ楽しかったから、また機会があればいこうと思います。

今日は念願のオペラ座の怪人をみにいきます。
吉と出るか凶とでるか。。。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-01-10 02:07 | 今日もばら色(・・・かも)  

冬の京都(観光客並みに)

久しぶりの京都だったので、観光客とまじって、清水寺にいってきました。途中で絵付け体験があったので、それもしてみたり。微妙な花をかいてみました。お母さんはなかなか上手にウサギを月をかいてました。出来上がりが心配。。。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-01-09 07:33 | 今日もばら色(・・・かも)  

オーシャンズ12

テストがおわった14日、友達とオーシャンズ12を見に行きました。
テストで頭がおかしくなってきたのか、ちょっと豪華なディナーをおごってくれたり、
なんか得した一日でした。
はじめはCloserという不倫&浮気の映画でもみようといっていたのですが、
どうも前日徹夜して寝てなかったので、
楽しい映画を見に行こうをいうことになり、急遽変更してしまいました。

といっても今は1月8日なので、記憶はもう曖昧なのですが、
一応感想をかいておこうと思います。

前作のオーシャンズ11もみたことはあるけど、どうもいまいちおもしろくなかった記憶があります。
でも、今回の12はとってもよくわらってました。
話はいたって簡単で、オーシャンズ11時代にリッチになったはいいけど、
そのときの金を返せ!といわれ、急遽お金を用意するはめになった11人。
もちろんみんな使い込んでいて、お金はありません。
そこで、また何かを泥棒してお金を稼ごう!というわけです。
そして色々やってみるのですが、全部失敗におわります。
で、出会ったのが別の天才的な泥棒。
彼と競争(利用?!)しながら、なんとかモノを手に入れ、
という話です。

と、いたって話は簡単で、意味がないけど、
なんで?って思うような手口をつかってみたり、
(監視カメラに映らないようにするため、家全体の位置を低くするって。。。絶対家の中の水道管とかが普通壊れるとおもうんだけど。。。)
かなりうけるジョークシーンがあったりして、(どうもアメリカンジョークはいまいち笑えないのが私の中では多いけど、ジュリアロバーツが、ジュリアロバーツのふりをして行動するっていうのはかなり笑えた。しかもそこで「偶然に」ブルースウィリスにあってしまったり。)笑ってました。友達には笑い過ぎっていわれたけど。
日本でもテレビで宣伝やってたからもうすぐ公開かな。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-01-09 07:30 | これまで見た映画リスト  

楽しい雰囲気でおわってたけど色々あって。。。(期末とか)

本当に楽しい雰囲気で前回のブログがおわっていたけど、本当にいろいろありまして。
というのも、大学院はじめてのファイナルがあったのです。
感謝祭あたりで、どうもひどい風邪をひいたらしく、2週間ほどひっぱるはめになった後、
図書館で朝の3−4時までいるのはあたりまえな生活をして、
なんとかファイナルを終えることができました。

これまで大学入試でも、大学院入試でも夢でうなされたことはなかったのに、
ファイナルの結果がでるまで、かなりうなされました。
夢の中で、成績(インターネットで確認できるところがある)をみるたびに、
BになったりCになったりしてて。。。
その上、ほかの夢では、テストの3割しかできてなかったりして。

ともかく、その原因は、「はい、やりなおしー。」とか「そのままじゃCよ。」といった
メッセージをくれた先生の授業のおかげなんですけど。
ま、なんとかひとつA-になったものの、それ以外は無事でした。
大学院って、こんなに精神的&肉体的につかれるところだとはおもってませんでした。
マクドナルドで食べ過ぎて訴えるような国なのに、
どうして大学院って訴えられないんだろう。。。

テストは14日に終わり、15日に日本に帰りました。
いやされに!
[PR]

by bluebirdweather | 2005-01-09 07:20 | 今日もばら色(・・・かも)