<   2005年 12月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

トスカ(プッチーニ:Freni, Pavarotti, Milnes)

大学1年生から好きなオペラ「トスカ」をあらためてきいてみた。イタリア語はさっぱり分からないけど、実際にオペラを見に行ったり、ビデオを見たり、映画を見に行ったりしたので、歌詞カードの訳と照らし合わせてきいてたので、内容は分かる。今回購入したものはFreni, Pavarotti, Milnesのもの。

オペラが好き!というと、なんだか「お高い」と思われることがよくあるけど、恋愛あり、サスペンスありで、映画を見る感覚で楽しんでいいと思う。

東京にいたとき、ホセ・クーラがカヴァラドッシのトスカを見に行って、なんだかとろけそうなくらいに惚れてしまった記憶がある。でも、力強くて美しい歌声以上に残っている彼のコメントが頭から離れない。「トスカみたいな女性ってやだなー。」・・・トスカに向けて最後の情熱的な歌をきいた後だったので、拍子抜けしてしまった。

気になるトスカのあらすじ。(以下http://www.and.or.tv/operaoperetta/10.htmより)

第1幕 聖アンドレア・デラ・ヴァッレ教会
画家カヴァラドッシが最近よく教会で見かける女性の絵を画いていた。そこへ脱獄した政治犯アンジェロッティは、妹の公爵夫人が隠しておいてくれた鍵で教会の礼拝堂に逃げ込んだ。彼はそこで聖母像を描くかつての友人で画家のカヴァラドッシと再会を果たす。カヴァラドッシは、たぴたぴここに礼拝に来る美しい公爵夫人を聖母像のモデルにしていた。カヴァラドッシはアンジェロッティを助ける約束をする。

カヴァラドッシの恋人で黒髪の歌姫トスカが礼拝堂にやって来る。カヴァラドッシはアンジェロッティに自分の昼食の篭を持たせて再び礼拝堂に隠れさせる。
トスカはカヴァラドッシがすぐに鍵を開けず、しかも誰か人のいた気配がしたのでカヴァラドッシの浮気を疑うが、カヴァラドッシは否定する。機嫌を直したトスカは、今夜、郊外の別荘に行きましょうとカヴァラドッッシを誘う。しかし、帰りかけたトスカは、聖母像のモデルが美しい公爵夫人であることに気づく。トスカは激しく嫉妬するが、カヴァラドッシは彼女をなだめて今夜の再会を約束する。

堂守がナポレオンの敗退を知らせに駆け込んでくるが、カヴァラドッシはいない。そこに、警視総監のスカルピア男爵が、脱獄囚を捜しに来る。彼は、昼食の篭が空になっているのを見て、カヴァラドッシがアンジェロッティをかくまおうとしていることに気づく。そこにトスカが現れるが、カヴァラドッシがいないので不安を募らせる。スカルピア男爵は、トスカを利用することを思いつき、カヴァラドッシは、ここで女と密会していたと嘘をつく。トスカが嫉妬に駆られて飛び出すと、スカルピア男爵が放った密使が彼女の後を付ける。

第2幕 ファルネーゼ宮殿
スカルピア男爵が食事をしていると、カヴァラドッシが連行されて来る。外から戦勝を祝うトスカのカンタータが聴こえてくる。スカルピア男爵は歌い終えたトスカを呼ぴ、カヴァラドッシを拷問にかける。苦しげな声を聞いたトスカは、耐えきれずにアンジェロッティの居場所を白状してしまう。

拷問室から出て来たカヴァラドッシは、トスカが友人を売ったことを知り彼女をなじる。そこにナポレオンの敗退は誤報で、実は勝利したという報が届く。カヴァラドッシは狂喜してスカルピア男爵を罵るが、怒った彼はカヴァラドッシを投獄する。助命を願うトスカ。しかしスカルピア男爵は、彼女に言い寄り、自分ものになれば、カヴァラドッシの処刑に空砲を使ってやろうと嘘をつく。

トスカは、偽の処刑の後に、二人で国外に逃亡できるよう通行証を要求し、スカルピア男爵がそれを書いている間に彼を刺し穀す。

第3幕 聖アンジェロ城の屋上
処刑に引き出されたカヴァラドッシは、トスカに遺書を書く(「星は光りぬ」)。そこにトスカが現れ、これまでの成り行きを話して聞かせる。トスカは、カヴァラドッシにうまく死んだフリをするよう言い残して、物陰に隠れる。銃声が鳴り響き、トスカは飛び出して、倒れたカヴァラドッシに駆け寄る。しかし、彼は血に染まっていた。スカルピア男爵の死を知った兵士たちがトスカを追ってくる。トスカは、スカルピア男爵にあの世での復讐を誓い、城壁から身を投げるのだった。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-12-31 14:21 | 好きな曲リスト(歌詞)  

Memoirs of A Geisha(邦題「さゆり」)

a0018572_15343976.jpg

  辛辣な前評判だった「さゆり」をやっと見ることができた。確かに、ちょっと京都の舞妓さんの話をみているっていう感覚は、役者のオーラが何だか日本人と違う、という感覚と全編英語ということもあって少し薄くなったけど、映画としては楽しめるものだった。
  新聞のレビューで多いのが「本物」らしさがない、ということ。(日本人でもないのに、なんだか口うるさいなあ、と思いつつ)元々のお話はいくらMineko Iwashitaの半生に影響されたといっても、小説は小説。作り上げられたお話だけど、楽しめるものだった。Goldenの着物や、小道具に対するとても細かい説明のおかげで、読者がふと「作られた話」というのを忘れて現実と混乱してしまい、よって映画も元は作られた話であることを忘れてしまったからかもしれない。まるで、「シンデレラ」の映画をみて、「1700年代のフランスを表していない!」とか、「オースティンパワーズ」をみて、「60年代を忠実に表していない!」とか(すこし極端だけど)言っているのとかわらない気がする。(オペラの「トゥーランドット」とかどうなるの?作曲者のプッチーニは「東洋」にいったこともなかったとか。)今の京都の先斗町とかでは、雰囲気が違いすぎてとても撮影できないだろうし、サクラメントに昔の先斗町を再現してまで撮ったそうだ。なんとなく私が思い描いていた昔の京都と雰囲気となんとなく重なった。
  豆葉を演じたミシェル・ヨーのインタビューをみたけど、映画のために、歩き方、立ち振る舞い、踊り、三味線、など本物の舞妓さんさながらの訓練をうけたらしい。パレエをやったことはあっても日本舞踊などはもちろんしたことがなかった。さすが女優魂だとおもう。Pumpkinを演じた工藤夕貴ははまり役だったとおもうし、特に後半の豹変っぷりは笑わせてくれた。(戦後アメリカの軍の人がお茶屋さんでわいわいするところを含めて。)主役のチャン・ツィイーはきれいだったし、いじめ役のコン・リーはとっても怖かった(笑)。子供時代のさゆりを演じきった大後寿々花は本当によく耐えたなあとおもうし、渡辺謙もよかった。でも、映画を見終わって一周間たった今でも一番印象に残っているのは役所広司と桃井かおりだった。役所広司の抑えた、でも抑えきれないさゆりへの情熱はスクリーンを通して本当に伝わってきた。「どうしてなんだ?」という気持ちが台詞では言われていなくても、伝わってきて、心がいたくなった。桃井かおりは、まさに小説の中で私が思い描いた「お母さん」そのものだった。(私の知ってる置屋の「お母さん」よりちょっと怖そうだったけど)計算上手で、とりあえずお金、お金、の人だけど、どこかにさゆりに大して本物の家族のようなの愛情がある、そんな「お母さん」だった。
  時間制限付きの映画ということもあって、小説の中でいくつか大切だとおもっていたシーンがカットされていたことと、エンディングへの運びが気になった。それ以外は確かに髪型も踊りもなんかちょっと違う、っていう感覚はあるけど、映画としてはいいと思うし、あれが違う、これが違うと「ウオーリーを探せ」みたいに目くじらたてて、あらさがしをするのではなくて、純粋に映画を楽しめばいいと思う。

こんなん京都ちゃうとか、そないいけずなことゆわんと、楽しまはったらええのに。(なんや活字にしたらけったいやなあ(笑))

a0018572_1628199.jpg

ちなみにこの写真、日本の「さゆり」のサイトで見つけたのですが、他の写真が映画の中の画像だったこともあって、「え?誰このにやにやしたやたら近代的な人・・・」と普通に考えてしまって、後でうけてしまった。もちろん、彼はカリフォルニアのサクラメントにいた映りたがりのアメリカ人ではなく、ロブ ・マーシャル、監督です。

本物さといえば、この映画の上映前に「マリーアントワネット」(舞台は1700年代のフランス)と「カサノヴァ」(舞台は中世のイタリア)のトレーラーがあった。これも「本物らしさ」がない!とたたかれるのかな。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-12-27 16:45 | 今日もばら色(・・・かも)  

雨のクリスマス

a0018572_5452553.jpg

なぜか最近あたたかくて、ホワイトクリスマスどころか、どしゃぶりのクリスマスに。毎年クリスマスといったら、家族や友達やと食事にいく、というパターンだったけど、今年のクリスマスはとっても静かで落ち着いたもの。雨が降ってるから、久石譲の「Rain」という曲を聞いて感動したり(「菊次郎の夏」のサントラの一部)、優しい言葉のメールに再び感動して、幸せな気分にひたったり、クリスマスの雰囲気のクッキー作ったり、(あとは、論文読んだり、ペーパーの手直しをしたり・・・)とってもゆっくりすぎていくクリスマスでした。写真の飾りはアパートの玄関にある大きなツリーの飾り。東京にいたときは、クリスマスは大勢の人が外出してて、ほんとに大変だったけど、DCは逆に人がいない・・・。こんななんだかほっとするクリスマスもいいなあ。クリスマスとは関係ないけど、最近気に入っている言葉:Realize that true happiness lies within you. Waste no time and effor searching for peace and contentment and joy in the world outside. Remember that there is no happiness in having or in getting, but only in giving. Reach out. Share. Smile. Hug. Happiness is a perfume you cannot pour on others without getting a few drops on yourself. 私も人を幸せな気持ちにできるような人になれますように!
ーーーーー
追記:
a0018572_6582044.jpg

なんだか部屋が明るくなったな、と思ってベランダにでてみたら、雨があがって、すごく奇麗な空の色になっていました。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-12-26 06:00 | 今日もばら色(・・・かも)  

クリスマスのクッキー

a0018572_14244023.jpg
 
クリスマスなので、というかクランベリーが好きなので、クランベリーとホワイトチョコのクッキーを焼いてみました。とっても簡単なクッキーなのに、おいしかったから、クリスマスが終わってもまた作りたいな。元のレシピは
こちら。ちょっとカロリー高そうだけど・・・クリスマスだからいいとおもう!(でも、さっきクリスマス以降も作りたいっていったけど)
[PR]

by bluebirdweather | 2005-12-25 14:41 | おいしかったお料理レシピ  

人生初の炊き込み御飯

a0018572_925811.jpg

先日の韓国系スーパーのお買い物で、ごぼう(2本セット)を買ってしまったおかげで、御飯はごぼうパレードになってきた。人参と鶏があったから、人生初の割にかなり適当な炊き込み御飯ときんぴらごぼうをつくってみた。アメリカ産のお米を最近使ってるけど、何かおかしい。火の通りが悪すぎるのか、水を計っていれても、しんのあるお米になることがある。(だから100ccくらい余分にいれている。)とにかく、やっぱり和食っていい。

<適当炊き込み御飯>
材料:ごぼう、人参、おあげ、(おこんにゃく:今回はなし。)、鶏

(1)ごぼうの皮をむいて、きんぴらごぼうをつくるときみたいに、うすーく切る。
(2)人参、おあげ、おこんにゃくは適当に小さくきる。
(3)鶏も適当に小さくきって、お酒とお醤油をもみこむ
(4)かつおとおこぶでおだしをとる。お酒、みりん、お醤油、お砂糖、で好みの味に調整する。
(5)といだお米の上に火の通りにくそうなものからのせていく。
(6)必要な量のお水少し控えめ+おだし100−150ccをいれる。
(7)上におだしをとるようのおこぶをおく。
あとは、炊くだけできあがり。

<きんぴらごぼう>

(1)ごぼうの皮をむいて、薄くきる。
(2)にんじん、おこんにゃくも小さくきる。で、時間があればごまを軽く炒っておく。
(3)油で(1)(2)(ごま以外)をいためて、おだしをいれて煮詰める。
(ちょっとひたひたになるくらいまでいれてみた。)お醤油、お酒、お砂糖、みりんで味付け。
(4)水分がなくなったら、炒ったごまをいれて、味見して味を整える。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-12-24 09:14  

ほくほくふかし芋

a0018572_8143528.jpg

ブログを更新する暇もなかったテストが終わり、友達と御飯&韓国系のスーパーにお買い物に行ってきました。土鍋を買い込んでいる友達がいたり、お米を買い込んでいる友達がいたり、謎の大きなおせんべいを買い込んでいる友達も。

前からやきいもがたべたいなあとおもっていたところに、さつまいも売ってるよ、といわれ、さっそく買い込んでしまいました。

前日薄着をして寝てしまったせいかちょっと風邪っぽかったので、ほくほくしたおいもがとってもおいしかったです。甘くておいしー。

<材料>
さつまいも

<作り方>
蒸してください(笑)

私は蒸し器がないので炊飯器の蒸し物機能(?)をつかいまいした。それがない場合でも、お鍋の中に水をはって、その中にお湯のみか何かをいれて、おいもをいれて、ふたをするという方法もあるとか。
[PR]

by bluebirdweather | 2005-12-20 08:21 | おいしかったお料理レシピ