<   2006年 06月 ( 12 )   > この月の画像一覧

 

(今更だけど)Sex and the cityの人気の理由考察

今更だけど、結構一時期ブームになっていたSex and the city、私は本当に嫌いだった。女性数人が集まって、男性を追い回したり、Sexについておしゃべりしたり・・・友達と一緒にいるときに数回一緒にみたけど、同じようなことが延々といて、とっても空しい気持ちになってしまう。恋愛がテーマの映画で好きなものはあるけど、このドラマからは人間の深いところが見えなくて、どうやら、私の好みには合わなかったみたい。そんな私の感想に反して、すごく同年代の女の子にも人気があったので、私なりにあのドラマがヒットした理由を考えてみた。

(1)登場する女性が恋愛に対して積極的で受け身じゃないことが現代の風潮に合う。
(2)高キャリアを持ちつつ恋愛を楽しんでいる姿が仕事をしてる女性の理想像に近い。
(3)ニューヨークという設定がなんとなくお洒落。
(4)服装がおしゃれ。
(5)登場人物が完璧じゃないから、どれかのキャラクターに自分を重ねられる。

いかがでしょう?
[PR]

by bluebirdweather | 2006-06-26 10:32 | 今日もばら色(・・・かも)  

薔薇より雑草

a0018572_10523118.jpg

これまで家で花を生けるといったら、薔薇とか百合とか豪華な花ばっかりだったけど、先日親戚の人が「庭に咲いてたから」といって、本当に素朴な花をもってきてくれた。緑の葉に小さな白い花がさいているだけ。こんなのどうするんだろう、と思っていたら、さすがに元お花の先生だけあって、母がさっさと床の間に生けた。これまでのどんなに豪華なお花よりも床の間にしっくりきていたように思う。

そんなことを思い出して、はさみをもって、近くの雑草を探しにでかけたら、かわいいお花が色々咲いている。部屋を少しだけ和風にしていたから、落ち着いた素朴な花がほしかった。そして適当に好きなものをまとめて、小さなガラスのコップにいれてできあがり。雑草の花束、なかなかかわいくまとまってくれた。小学校のころ、学校の帰り道で色々家で使える花を母と模索して川沿いを歩いて帰っていたのがなんだかなつかしい。

雑草を持ち込むときの注意点:葉っぱとかはきれいに洗う!でないとありさんとかが家の中で行進していることになるかも・・・。
[PR]

by bluebirdweather | 2006-06-25 11:00 | 今日もばら色(・・・かも)  

おまわりさんとおおぼけな会話

今日おまわりさんと今から思えばおおぼけな会話をしてしまった。御飯も食べたし、家にかえろうと思っていたら、後ろからパトカーがついてくる。サイレンもならしてる。あ、急いでるんだ、と思って右によせてもまだなんかいる。赤信号になったときに、おまわりさんがやってきた。以降おまわりさん(お)と私の会話

お「エンジンきって。」
私「エンジン?え?ここで(後ろに車いるのに)??」
お「うん、いいから、エンジンきって。」
私(エンジン切る。)
お「どうしてプルオーバーしなかった?」
私「プルオーバー?プルオーバー??」
お「止まってっていうこと。」
私「あ、サイレン鳴らしてたから、てっきりおまわりさんが急いでるんだと思って・・・」
お「・・・・・・サイレン鳴らして後ろから近づいたら、止まってってこと。急いでたらぐるってまわっていくでしょ。」
私「あ、ごめんなさい、そうですね。」
お「止められたことないの?」
私「ないです。」
お「で、どうして止められたか分かる?」
私「うーん・・・」
お「さっきのターン覚えてる?」
私「うん。」
お「ストップサインでとまってなかったでしょ。」
私「あー・・・」
お「止められるの初めて?」
私「うん。」
お「免許証ある?」
私「あります。(渡す)」
お「保険はある?」
私「あるけど、この間ポリシーちょっとかえて、その新しいの確か今日きてたけど、家においてきちゃいました。」
お「家ねえ。ちょっとまってて。ここにいるんだよ。」
私「え?ここ??」
お「うん、そこでまってて。」
私「OK」
     おまわりさんパトカーへ戻る。  
     おまわりさんまた戻ってくる。
お「どれくらい運転してるの?」
私「うーん、6ヶ月くらいかな。」
お「そっか、止められたことないのか。」
私「ううん、ない。」
お「これからは、後ろにパトカーがきてサイレンならしたら、止まってよ。あ、あとストップサインでも。」
私「はーい。」

これからは、ストップサインでとまります。
[PR]

by bluebirdweather | 2006-06-24 09:52 | 今日もばら色(・・・かも)  

機内アナウンスに乗客が拍手喝采

別にテロリストから機体を守ったわけでもなく、異常が発生した機体を無事着地させたわけでもないけれど、私の乗ってた飛行機が拍手で包まれた瞬間があった。

ミシガンからシカゴ経由でDCへ行く飛行機に乗ってしばらくして、いつもの機内アナウンスがはじまる。
いつもの・・・

「皆様、ご搭乗ありがとうございます。当機はシカゴ行き、UAXXX便でございます。それでは、私どもの義務でもあります機内での安全についてご説明申し上げます。素直にお読みになっても無視されても、とりあえず座席ポケットの安全のしおりをおとりください。お座席ではシートベルトをおしめください。ほら、車と同じです。1965年以来、車に乗ったことがない方、これがそのシートベルトというものです!(シートベルトをつけたりはずしたりする。)また、フライトの間は喫煙は禁止されています。もちろんお手洗いでこっそりすうのも禁止されています。当機はミシガンからシカゴ行きなので、使いようがないのですが、一応座席の下に救命胴衣がございます。水上に着陸したときは、是非記念にお持ちください。機体に異変が生じた場合は、酸素マスクがおりてきます。騒いだりしないで、酸素マスクをつけてそして息をしてください。マスクの付け方?そんなのさっきのシートベルトと同じです。酸素マスクからは私どものサービスで酸素を提供させていただきますので是非ご利用ください。非常口はこちらと後方、そして実はなんと真ん中にもあります。どうしてそこにあるかは、私も存じ上げません。」

スタンドアップのコメディみたいにみんなどっと笑い出す。そして調子を良くして引き続き電子機器類使用禁止の案内。

「また、機体が離陸している際は電子機器類のご使用をお控えください。ヘッドホンのご使用、バーベキューコンロ、オーブンの利用も禁止されております。電子レンジでスープを暖めることも禁止されております。それでは快適な空の旅をお楽しみくださいませ。」

乗客大爆笑。ひととおり終わった後、口笛と拍手がおこった。このあとも、時々あったアナウンスが普通ではなく、このとってもおもしろいパーサーのおかげでとっても楽しい旅の始まりを味わうことができた。うーん、この人の乗ってる飛行機にまた乗りたい!
[PR]

by bluebirdweather | 2006-06-18 15:55  

ショパンでぼーっとすごす

別にとてつもなく忙しい日を送っているわけではないけど、今日はぼーっとすごしてみた。朝起きてさあペーパーかきにカフェに行こう!と思っても、なんだか体があまりいきがたらない。仕方ないから、ソファに座っているとなんだかくしゃみがいっぱいでる。ぞくぞくしてくる。おでこもなんだか暑い。どうやら風邪をひいてしまったらしい。

せっかく出かける用意はしたけど、今日は一日家にいることにした。途中で座ってるのもしんどくなってきたから、ベッドに移動して適当にショパンを流してみた。うーん、とっても居心地がいい。小さいときからショパンは好きで、ショパンを弾けるようになるのがとても楽しみだった。フランスへ何度か短期で行く機械があったけど、一番最初に行きたくなったのがPere Lachaiseにある彼のお墓だった。

この間書いたラフマニノフやヴェルディのなんだか洪水にのみこまれるみたいな感覚もいいけど、ちょっと体がいまいち元気じゃないときはショパンに限る。ショパンの音楽はひとつひとつの音色がとても優しくて、居心地がいい。ふうっと暖かくてきらきらいした居心地のいい世界へつれていってくれる。「革命」みたいな力強い作品でも儚さと優しさがある。今ある「革命」を現しているんじゃなくて、歴史の中にある「革命」を振り返っているみたいな。

やっぱり私は好きー。でもほんとに勉強には向かないと思う。どうもショパンの優しい世界につれていかれてしまって、気がついたらぼーっとするはめになる。

追記:ちょっとショパンについて調べてみたら、なんと同じ魚座だった。魚座が誕生日の人のリストをみてみたら、好きな人がいっぱいでてきた。おもしろいことに他の星座より遥かに多い。うーん、好みって似るのかな。

2/22:ショパン
2/24:スティーブジョブズ(この人のスピーチはほんとに心に響いた)、ミシェルルグラン
2/25:ルノアール
2/26:岡本太郎
3/1:和辻哲郎、芥川龍之介
3/2:スメタナ、ルーリード
3/6:宮本輝
3/7:安部公房
3/8:桜井和寿、お父さん(笑)
3/9:ジュリエットビノシュ
3/12:ライザミネリ
3/15:デビッドクローネンバーグ
3/16:イザベルユペール、ベルナルドベルトルッチ(実はこの日が誕生日)
3/18:リュックベッソン
[PR]

by bluebirdweather | 2006-06-14 11:12  

ノスタルジックなワールドカップ

a0018572_1481067.jpg

朝何気なくAsashi.comをみてると、あと10分でワールドカップの日本戦が始まることがわかって、あわててテレビの前にすわりなおした。アメリカにきて二度目のESPNを見る。一階目は野球のワールドカップのとき、そして今回のサッカーのワールドカップ。

日韓共同開催のワールドカップのときは、大学生だった。これが初めてちゃんとみたサッカーの試合かも。大学の授業もそこそこに友達の家で買い込んだ大量のおかしをテーブルにならべて応援したり、スポーツバーへ初めて行って(もう日本は負けてたから)別の国を応援したり。色々な国の人が渋谷で入り交じって、日本戦のある日はとってもみんな興奮気味で、電車の中でも「どっちが勝ってる?」と国籍問わず聞かれ、「もちろん日本!」と答えた記憶もある。

実は昨日、その一緒に応援してた友達がなんと入籍したというニュースが届いた。幸せいっぱいのメールで思わず泣きそうになった。大学時代、一番最初に知り合って(大学の試験会場で席が隣だった)すぐに意気投合して、一番一緒に過ごした大親友だけに、ほんとに嬉しいけどどこか切ないような。いつもどこかでつながってるような気がして、一年前に会ったときにも一年会ってないなんて全然感じずに相変わらず夜遅くまでおしゃべりしてたけど、やっぱり時間は経っていくんだなあっていうことを実感した。二人のことは大学時代から知っているし、一緒にでかけたりもした。楽しい家庭を築いてるが目に浮かぶ。ほんとにほんとにほんとにおめでとう!

きっと選手の人も前回のワールドカップや、これまでの自分の経緯とか色々な思いを持って臨んだ試合だったのじゃないかな、と思う。前回は出場したくてもできなかった悔しさや、表にこそでてこないけど、ひとりひとりの数年館の間に色々なドラマがあって。

今年のワールドカップの第一戦、なんだか色んな思い出がでてきてちょっとノスタルジックになってしまった。あんな広いところで90分も右や左に走り続けてるからか、後半ちょっとお疲れ気味だったけど、今日はゆっくり休んで疲れをとって、次の試合に向けてチャージしてください。

(写真は水たまりにうつった雨上がりの青空。)
[PR]

by bluebirdweather | 2006-06-13 14:11 | 今日もばら色(・・・かも)  

嫌いだけどハダニってスピーシーズ以上にすごい

さっそく駆除方法を探していると、おもしろいことがわかった。ハダニって実はすごい。なんと交尾しないで産卵できるらしい。なんだかSF小説のネタみたいだけど。そんなこと物理的に可能なの??

もちろん産卵するのは雌だけ。で、交尾しないで生まれた子供は雄になって、交尾して生まれた子供は雌になるらしい。で、もちろん卵を産めない雄は死んで(ここらへん、厳しいと思う。)、交尾後に生き残れるのは雌だけらしい。

こんなことがどうしで可能なのかさっぱりわからないけど、すごいシステムだと思う。厳しいっていうのか、力強いっていうのか。うっとしがられながらも見つけたハダニなりの生き残り作戦なんだろうけど、どうしてこんなのができるんだろう?? 映画のスピーシーズでもエイリアンの子孫を残すのには交尾(?)が必要だったのに、なんとこのハダニはそんなことなしでも増えていける。

不思議、不思議。生物に詳しいひと、いったいどうなっているのか教えてください。

ハダニさん、だからっていって私の葉っぱから栄養とって勝手に増え続けるのは許さないからね。
[PR]

by bluebirdweather | 2006-06-13 04:23  

もう勘弁してください

とってもかわいいお花の写真を載せて、今日は穏やかな一日・・・になるはずだった。

家にかえってくると、またアイビーの調子がわるい。日本に帰る彼のアイビーと自分の育ててきたアイビー、毎日2−3枚ずつ葉っぱがかれてしまう。別に成長しきってるわけでもないのに、どんどん葉の色素が白くなって、あげくのはてには茶色くなってはらりと落ちてしまう。

これは何かおかしい、と思い、よーく葉っぱをみてみると、うっすらクモの巣ようなものがついてる。さらによーくみると・・・何かちっちゃい虫がいる。しかも大量に生活してる!思わず鳥肌がたった。

そしてネットで調べると・・・葉ダニとのこと。さっそくそこで薦められてた「お酢大作戦」を開始した。まず葉っぱについてる虫をあらいおとす。そして水でうすめた酢を散布とのこと。作戦通りにすすめ、そして日当りの良い場所に置いたら、まだところどころにちらほらしている。そこで堪忍袋の尾がきれた。

いい加減にしてよ!と虫に怒りつつ、葉を一枚一枚酢と水につけたキッチンタオルでふきとっていく。ようやくあの憎きやつらの姿が(しばらくは)みえなくなった。

数時間経った今、またちらほらでてきてる。明日、殺虫剤をかってこよう。虫さんにも人生があるのはわかるけど、大切なアイビーをたべてのほほんと生活するなんてゆるしません。お外で生活してください。ね?

で、アパートの近くにさいてた小さくてかわいい朝顔の写真をのせようと思ったのだけど、ここには赤い虫が4匹ほどうつってる。またぞわっと鳥肌がたつ。もう勘弁してください。ほんとに虫は苦手なのです。(調べてみたらタカラダニだそうです。宝じゃないでしょー。)

補足:そして、アブラムシの殺虫剤でOKとのことなので、探してみると、写真付きで「てんとう虫1500匹セット」がでてきました。アブラムシをたべてくれるのは知ってるけど、葉っぱよりこっちが先にまいってしまいそうです。
[PR]

by bluebirdweather | 2006-06-12 09:02 | 今日もばら色(・・・かも)  

今日の空には月がふたつ・・・

a0018572_14521132.jpg

上の写真、どっちが月でしょう?

いくら空がきれいでも、月が二つもあるはずはない。

不思議におもって、改めて見てみる。でも、どうして窓に顔を近づけてもまだある。外に手をのばしてガラスを触ると・・・なんと手前のガラスとの間に差がある。なんと二重窓。二重窓の外側に映ってたお月さんでした。

気を取り直して今度こそ。
a0018572_14552966.jpg

[PR]

by bluebirdweather | 2006-06-11 15:03 | 今日もばら色(・・・かも)  

ミシガンでもやっぱり迷子に

a0018572_981928.jpg

ミシガンには変な一方通行が多い。そんなわけで家に帰るのに回り道をしてるうちに遠回りしてしまったり、ということはミシガンにきてから数回あった。でも、今日のはちょっと大変だった。

アパートの人に近くのスーパーに色々売ってるよ、といわれたので、Yahoo Mapsで位置を確認していってみることにした。途中で行ってみたかったショッピングセンターも通過し、これなら一人でもうこれるな、と思い、気分よく運転していたところにでてきた分かれ道。
どっちだ・・・地図をとりだす暇もなく分かれ道が近づいて来たので、高速じゃなさそうな右側を選んだ。

・・・やばい、こっちも高速っぽい。しかもFlintへ行ってしまうらしい。たしか治安が最悪といわれたような・・・ちょっと不安になりながら、とりあえず一番近くの出口をでてみる。そこでまっていたのはまた高速。もうどこへ行っているのかさっぱり分からない。で、念願の高速がもうない出口をおり、しばらく走っていると、コンビニがでてきた。

「あの、ランシングで野菜を買いに行こうとおもって、近くのグローサリーにいこうと思ったら、高速にのってしまって、あの、一体ここどこですか?」と藁にもすがる思いできいてみた。いざとなったら警察に電話する覚悟もできている。必要ならば近くにホテルを探して、どこかで地図を買って戻ることになるかもしれない。と思い込んでいると、えらい遠くまできちゃったのねー、と笑いながら、そこをまっすぐ行って、信号を左にまがって、まーっすぐいけばランシングに戻れるよ、とのこと。バーガーキングがみえたらそこがランシングらしい。高速じゃないよね?と念を押して、再出発。

ひたすらまっすぐ進むこと約15分。バーガーキングがない。カメラをもってなかったのが残念になるくらい、思わずみとれてしまった牧場の風景も通り過ぎ、ひたすらまっすぐいくと・・・イーストランシング。あれ、ここって大学のあるところ?

バーガーキングのあるランシングのある場所は分からなかったけど、大学からは安心して帰路につけました。

友達にミシガンにくる前にカーナビを買おうか、という話をしたら、ミシガンで迷子なろうと思ってもなれないよ、なんていってくれた・・・カーナビ買おっと。
[PR]

by bluebirdweather | 2006-06-10 09:26 | 今日もばら色(・・・かも)