<   2006年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

神戸散策

親しい友達のいる神戸へ足を運んだ。快速で1時間弱。最近お気に入りの本に没頭している間に着く。電車をおりたら、いかにも「歴史を売りにしとります。」と言いたげな京都とは180度違う近代的でヨーロッパを意識した町に着く。水たまりを飛び越えようにも歩道の上にちょっとした川をつくってしまった雨のおかげで靴はびしょびしょになってしまい、天井の高いカフェで休む。天井はみあげないとみえないくらいに高く、センスよくまとめられている。でも、そこはなんだか自分のいるべきカフェではないような気がした。

敷居の高そうなカフェを出てから、中華街へ行く。そこには不思議なお鍋があった。中華鍋を持つところをこすると波が立つ。(真偽のほどは怪しいけれど)心が清い人は波を立てることができるという。不思議なことに、波を立てようとがんばると波は立たないけれど、何も考えずに適当にこすると波が立つ。私も友達もちょっとしたさざ波をたてることがあった。「お姉さんもお兄さんも心がきれいね。いいことあるよ。」商売言葉かもしれないけれど、なんだか気持ちがはずんでくる。
a0018572_22214526.jpg

中華街に商店街を抜けて、近くのビルの最上階へ上る。走ってる人や、おばあさんに手をひかれた子供や、手をつないだカップルが一つのおおきなデッキで思い思いの時間を過ごしている。
a0018572_22261162.jpg

ビルを降りると、空には太陽がでて、「雨なんて降りましたっけ?」という顔をしている。地面の水たまりもどんどん乾いて、待ってましたとばかりに蝉も口をあわせたように鳴き出す。確かに地上では一週間しか生きれないのにこんなに雨ばっかりだといい加減にしてくれ、という気持ちになると思う。
a0018572_22222159.jpg

部屋に飾れる癒しグッズを買って、夕食の場所を探す。お洒落な居酒屋、カフェ、レストランなどを通り過ぎ、お好み焼き屋さんにおちついた。鉄板をはさんで友人と座るのが懐かしい。焼きあがるのがもどかしく感じてはやくひっくりかえしたくなるのも楽しい。数年ぶりのお好み焼きは口いっぱいに懐かしい香りを運んでくれた。子供のころから親しんだ甘さのあるソースが口の中を占領して、そのあとに生地に混ざっていた卵がやさしく通り過ぎる。体中がとろけそうなくらいに幸せになった。
[PR]

by bluebirdweather | 2006-07-21 22:52 | 今日もばら色(・・・かも)  

清水寺界隈

大阪から京都に友達が遊びにきてくれたので、観光客になった気分で清水寺界隈を朝の10時から5ー6時間かけてお散歩した。数年ぶりなのに、タイムスリップしたみたいにすうっと昔に戻れる。「しとしと」という形容詞がぴったりな天気。石畳に小さく雨が跳ね返って水たまりを作って、足場はあまりよくないけど雨の京都はなんだか落ち着いてほっとさせてくれる。お寺も小径も木の葉っぱの一枚一枚も私の全てを知っていて、「いいんだよ」と私を待っててくれたような気がする。清水寺を通り抜けて、何もかも悟っている高台寺の庭に行く。白い砂利で作られた川と石を見ていたら、気持ちがお抹茶を飲んだ後みたいにすうっとした。
-----------------------------------------------------------------------------

a0018572_20413561.jpg

しっとりした夏のもみじ

-----------------------------------------------------------------------------

a0018572_22461498.jpg

もやにつつまれるお寺

-----------------------------------------------------------------------------

a0018572_2042289.jpg

しとしと

-----------------------------------------------------------------------------

a0018572_22464334.jpg

雨の涼しさを勘違い

-----------------------------------------------------------------------------

a0018572_22465899.jpg

ほんの少しの雨上がり

-----------------------------------------------------------------------------

a0018572_22471125.jpg

昔の人もこの風景を臨んだのかな

-----------------------------------------------------------------------------

a0018572_22472572.jpg

音羽の滝へ続く小径

-----------------------------------------------------------------------------

a0018572_22473750.jpg

「この滝の水飲めるの?」

-----------------------------------------------------------------------------

a0018572_2248027.jpg

猫だけど猫を買いたい

-----------------------------------------------------------------------------

a0018572_21534144.jpg

川の流れにある石。雨の日なら尚更。

-----------------------------------------------------------------------------

a0018572_22501751.jpg

雨の冷たさで一足お先に紅葉。秋が待ち遠しい。

-----------------------------------------------------------------------------
[PR]

by bluebirdweather | 2006-07-20 23:20 | 今日もばら色(・・・かも)  

ビールマグと手帳

a0018572_22111637.jpg

大好きだった人とわかれることになった。メールを読んだとき、涙も何もでないで、なんだか打ち寄せた波が引くときみたいに穏やかにすうーっと何かが体の中からひいていった。波なのに、もう打ち寄せてこない。それでも、なんだか喉のテトラポットに時々砂浜に雨漏りしている天井みたいにじわじわ波がしみこんでくる感じもする。

失恋するときは、恋に落ちるときよりものすごいエネルギーがいると思う。昔嵐の日に鴨川の決壊を防ごうと砂袋を運んでいた人の仕事をしたり、平静を保ってマスコミに会社のトラブルを隠す大企業の社長の仕事もしなければならない。とか思ってると、お気に入りの映画のワンシーンがすらすら頭にでてきて、今ならあの台詞を誰よりも真実味を持って言える、とふと感じたりもする。エネルギーをセーブするためには本の世界に浸ることに限る。既に4冊よんでしまった。でも気を許して、一度現実の世界に戻ると、大仕事が待っている。

テトラポットが今日の天竜川みたいに決壊してしまうのを食い止めて、京都の町にでてみた。ひとしきり雨をふらしたどんよりした空がなんだか居心地よくしてくれる。重たい空気に抱きかかえられながら、お気に入りの民芸品のお店や明治時代の本が沢山そろっている古本のお店で時間をすごす。おとといまでは、その人へのお土産にしようと素敵な一点もののビールマグを探し歩いていたのに、今日は気持ちを綴る手帳を探しあるいている。デパートも含めて、かなりのお店を廻ったけど、皮肉なことにその手帳をやっと見つけたお店は、いいな、と思っていたビールマグのあるお店だった。帰るときに見た鴨川は泥水の急流で、空にはすこし青空がさして夕暮れの準備をしていた。この急流も2ー3日後は穏やかな鴨川に戻るのだろうけど、梅雨はしばらく続くような気がする。
[PR]

by bluebirdweather | 2006-07-19 22:17 | 今日もばら色(・・・かも)  

旅行アルバム(カンボジア・ベトナム)

ベトナム・カンボジアの旅行のアルバムをのせたかったのだけど、あまりにも枚数が多かったので、別のサイトにアルバムをつくりました。夏、旅行に行けない方、これから旅行に行かれるかたのお役にたてれば・・・。
--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_2133850.jpg

小さな芽もいつかは遺跡を覆う木の一部に

--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_2226560.jpg

「願い事のある方はこちらへ」

--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_22261852.jpg

数百年前の世界へ

--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_22264142.jpg

厳かな寺院も子供の遊び場

--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_2227814.jpg

暑さをしのぐやしの実

--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_22281864.jpg

青パパイヤを調理する少女

--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_2229777.jpg

蓮の実集め

--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_22292440.jpg

「鳥の笛はいかが?」

--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_22294452.jpg

色鮮やかな陶器

--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_22305116.jpg

踊る神様

--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_2231668.jpg

月と月明かりの海

--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_2231227.jpg

「ヨーヨーはこうして遊ぶんだよ」

--------------------------------------------------------------------------------

a0018572_22313615.jpg

「お花売れないかな。」

[PR]

by bluebirdweather | 2006-07-19 21:33 | 今日もばら色(・・・かも)  

アンコールワットの時間のひずみ

a0018572_21122927.jpg

湿度80%っていうありえない環境のカンボジアとベトナムで非日常的な2週間を体験してきた。アンコールワットはとても不思議な気持ちにさせてくれる。今のカンボジアからは信じられないくらい堂々と厳めしさを放っていて、この建造物を作った人は作り終えると同時に消えてしまったみたいな感じになった。人々が滅んでいくと、アンコールワットはジャングルの中に隠されてそしてずっと静かに待って、待って・・・。とてつもなく前に作られた建造物に私の手が触れてることが不思議で、信じられなくて、SF小説にでてくる時間のひずみみたいなのがあってもおかしくないような気分になった。

写真はアンコールワット近くの遺跡で遊んでいた女の子。観光客を驚かせてはきゃっきゃっはしゃいでいる。実はこの女の子がかくれていた台は元々王が謁見するときに使った台。この台が何をみてきたのかもとても気になる。

とてつもない時間をかけて色々なものを見つめて、戦争や盗掘にも耐えてきたきた遺跡たちにとっては、私なんか一瞬みえるかみえないかくらいなんだろうなあと思うと、なんだか遺跡とその周りのジャングルにすいこまれそうになった。
[PR]

by bluebirdweather | 2006-07-18 21:23 | 今日もばら色(・・・かも)