<   2007年 09月 ( 2 )   > この月の画像一覧

 

Rachel's - Water from the same source

ここ最近ずっと聞き続けてる音楽のひとつ、Rachel's。修士課程にいた頃、音大をでた(のに、なぜか言語習得を研究してる)友達に、「これ、気に入ると思う。」と言われてCDを借りたのがきっかけ。そのときはオペラにはまってたこともあって、「なんかイージーリスニングっぽい。」と思って遠のいたのだけど、あらためて聞いてみたらすごくよかった!

バイオリンのメロディが心地よくて、時々はいるリズムをとるような音も心地よくて。深夜に窓を少しあけて、その風が腕にあたるのを感じながら聞きたくなるような、そんな音楽。自分の気持ちに素直になれるような。聴いてるだけで、幻想的なイメージがどんどん浮かんでくる音楽です。 雨が降っている時のひたひた落ちるしずくだったり、ゆっくり踊る白い服をきた人だったり、小さいころに水遊びをした思い出(でも、次の日風邪をひいてしんどかった。)だったり。上手にいえないけど、質のいい薄いカシミアの毛布でそっとくるまれるかんじ。

モーツァルトのレクイエムを生できいたり、オペラの迫力で、何も考えられなくなるのとは、また違った心地よさを感じることのできる音楽な気がします。

いくつかオンラインで聞けるのをみつけたので、よければぜひ。


Rachel's - Water from the same source

Rachel's - Wally, Egon and the Models in the Studio
[PR]

by bluebirdweather | 2007-09-09 00:56 | 今日もばら色(・・・かも)  

初学会(Stirling, Scotland)と、靴、パヴァロッティ。

a0018572_11431815.jpg

初学会 in Stirling, Scotland。
学会を見にいったことはあっても、
実際に発表するのは、はじめて。
ちょっぴり・・・というかかなり緊張。
質問がでてどきどき。
でも、妙に質問に納得してしまったり。

それにしても、寒かった。
30度くらいあるかと思うと、12−3度になる日もあって、
コートもっていってよかった。
もう、うっすら紅葉もはじまっていて、
写真のとおり、半分秋でした。

3年くらい前、大学時代に父が買ってくれたお出かけ用のきちんとした靴を
スーツに合わせて履いてみた。
なんとなく気持ちがちょっとひきしまるかんじがして、
お守り代わり・・・になったかどうかは分からないけど、
なんとなく父の存在を強めに感じたような。

翌朝にそなえて空港近くのホテルにいって、何気なくテレビをつけると
パヴァロッティ危篤。
そして死亡。(父と同じ膵臓癌。)
意識してなかったけど、トスカのアリアを思い浮かべても
頭の中に浮かぶのはパヴァロッティのあの声だけで、
この声の持ち主が去ってしまったと考えたら、とっても切ないです。
でも、同じ時代のページに生きることができて良かった。
素敵な歌声をありがとう。
[PR]

by bluebirdweather | 2007-09-07 11:45 | お父さん